メインイメージ

Royal Jelly Item Guide

女王蜂のための特別食ローヤルゼリー

蜂の巣の中には数え切れない程多くの蜂が生活しており、女王蜂を頂点とした独自のいわば「蜂社会」が確立されている事は、皆さんもご存知の通りです。
そんな女王蜂だけが成長に際して食する事が許されるのがローヤルゼリーなのです。
しかし何故女王蜂だけに、このローヤルゼリーを食する事が許されているのでしょうか?

その答えは「女王蜂はより多くの卵を生む存在」だからに他なりません。
そんな女王蜂も生まれた直後はごく普通の蜂の中の1匹です。
しかし成長過程に於いて他の働き蜂達から口移しでローヤルゼリーを貰い食するうち、次第に他の蜂達とは一線を画す存在に成長して行くのです。

ローヤルゼリーの優れた栄養素が影響するのか、他の蜂と比較してその身体は著しく巨大化を見せ、同時に体重も他の蜂達の数十倍という大きさへと成長を見せるのですから、これは驚きです。
このように抜きん出た身体を持つ女王蜂ですから、産卵する卵の数も半端ではありません。
時に1日2000個に達する卵を連日産み続け、それらが働き蜂へと育って行くのです。

ですが繰り返す通り、これだけ飛び抜けた生命力とパワーを有する女王蜂も、生まれた直後は他の蜂達と何ら変わらなかった訳ですから、いかにローヤルゼリーの栄養素が凄いかが伺い知れます。
このローヤルゼリーは女王蜂専用の食事として巣の中でも特別に保管され、働き蜂が口移しで女王蜂に与える習慣となっています。
ですからこうした雄の働き蜂たちも、実際にはローヤルゼリーを口にして微量ながら食べている事には違いありません。

蜂社会では雄の働き蜂は女王蜂と交尾する為に生きていると言え、女王蜂の周囲には常に数千匹単位の雄がその為に集っているのです。
また蜂の雄の寿命は僅か数ヶ月間と非常に短く、この期間内に交尾せねばならない使命を背負っています。
女王蜂にはより多く産卵してもらわねばならず、子孫繁栄のために雄の蜂達は「僅かな人生を交尾に賭けて生きている」と言っても過言ではありません。

このような独特な蜂の生態系に於いても、ローヤルゼリーは貴重かつ不可欠な栄養素なのです。
無数の雌の蜂の中から偶然と必然が入り混じる過程を経てたった1匹のみが、女王蜂に君臨します。
そんな女王蜂にとっては常食であり、他の蜂達にとっては基本口にする事を許されず、自らもそうした行為に及ばないローヤルゼリーには優れた栄養素が豊富に含まれています。
巨大な身体で連日膨大な卵を生み続けるパワーの源として、ローヤルゼリーは重要な働きを担っているのです。